注目キーワード
  1. 小説
  2. 考察
TAG

大正

  • 2021年2月17日

芥川龍之介『鼻』の基になった『宇治拾遺物語』と『今昔物語集』を比較

ぴよすけです。   芥川龍之介の『鼻』という作品はご存知でしょうか。 短編小説として有名ですし、かつて国語の授業で受けた人もいるのではないでしょうか。   この『鼻』は、芥川が古典作品をもとに作った作品となります。 今回は『鼻』の題材となった2つの古典作品を紹介し、芥川作品の『鼻』との違いをまとめました。

  • 2020年4月13日
  • 2021年2月17日

『羅生門』芥川龍之介が書きたかった主題とは?下地の作品との比較をしながら解説

小説の主題は普通、読み終えた人が考えるものだと思います。   ところが『羅生門』の作者である芥川龍之介は「この作品はこういうことを主題に書いた」ということを自筆で残していました。 芥川が『羅生門』で伝えたかったテーマ、それは「道徳」です。   この記事では『羅生門』の主題とともに、下地となった作品について述べています。